• minamiyamamomoko

住みなれた街


ふと、東京に住み始めてから何年経ったのかなと計算してみたら9年が経っていました。

感覚では6年くらいだろうと思っていたので3年もの差があったことがおそろしい。

私の住んでいる地域は高い建物もなく緑もそこそこあり

子どもたちが公園できゃっきゃと遊んでいるようなのどかなところです。

引っ越しは1度しましたが、環境が気に入っているのでずっと同じ地域で暮らしています。

そうして暮らしていると、毎年恒例で季節ごとに行かねば気が済まない場所が自分の中でできているもので、

その季節に行けないと妙に悲しい気分になります。

近所にぽつんと立っている桜の開花を確認したり、藤と八重桜の花びらが散るころに行く公園、

花壇の花を見に行くおうち。

線路脇のタチアオイ見たさに遠回りして歩き、

蝉の羽化を見に、その時期だけ普段は行かない公園へ夜遅くに出かけたり。

夕方の鳥の群がまるでヒッチコック映画のように狂気じみている神社の近くの電線や

年明けのおせちに飽きたころ食べたくなるラーメン屋。

考えればもっともっとありますが、そういう場所が増えればふえるほど

ここを離れたくないな、いい街だなあと思うのです。

もし環境が変わっても、また一からそんな場所を探して行くんでしょうけれど。

#hibi

7回の閲覧

最新記事

すべて表示

出来上がりの合図

息子が生まれてから週に1回、野菜をお任せで宅配してもらっている。 だいたいこの時期は白菜や小松菜、ホウレンソウなどの葉物と、ごぼう、サツマイモ、大根などの根菜のどれかが入っていることが多い。 サツマイモが入っていると必ず蒸かし芋にするのだけれど、この冬は葉物が高いせいもあって、毎週必ず入っていた。 そして毎週のように蒸かしているとタイマーをかけなくても「でき上がりの時」がわかるようになってきた。

あけましておめでとうございます

本年もよろしくお願いいたします。 仕事始めは古地図散歩の書籍から。 いただいた原稿や古地図をレイアウトしています。 今は渋谷の周辺をレイアウトしていますが、私が上京した頃(10年前くらい)からしてもかなり変わったなあという印象の街です。 頻繁に通っていたジュンク堂やブックファーストなどの本屋さんが次々となくなり、渋谷で本屋に行くことが減りました。 パルコもなくなり、気づけば若者の街が少し大人びたよ

©Minamiyama momoko All right reserved.